もうひとつのムーミン谷 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第4回「一緒にコーヒーを飲もうよ!」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2020/07/03

もうひとつのムーミン谷

第4回「一緒にコーヒーを飲もうよ!」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第4回「一緒にコーヒーを飲もうよ!」

「朝のコーヒーなしでは生きられないわ…」

そう、物憂げに呟くのは、ムーミントロールが憧れる、サーカスのプリマドンナ(コミックス『恋するムーミン(筑摩書房)』)。

ムーミン一家も、家が洪水でキッチンが天井まで浸水してしまったときですら、何よりも先にまず、コーヒーを沸かして朝ごはんを食べます。

何気ないシーンで、ムーミンたちの生活に幾度となく登場しているコーヒー。

フィンランドの暮らしの中でも、KAHVI(フィンランド語でコーヒー)は無くてはならない飲み物だと言えるでしょう。

何しろフィンランドの人々は、いわずと知れた大のコーヒー好きで、その国民一人あたりの消費量は世界トップレベルだとか。

実際、それこそプリマドンナのように、「毎朝コーヒーを一杯飲まないと、一日が始まらない」という人は身近にもたくさんいますし、中には「飲まないと、頭痛がしてしまう!」と半ば中毒気味の人も。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook