もうひとつのムーミン谷 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第8回「森の恵みは、みんなのもの」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2020/08/28

もうひとつのムーミン谷

第8回「森の恵みは、みんなのもの」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第8回「森の恵みは、みんなのもの」

「むきだしになったこけももは、黄ばみがかった色。つるこけももは、どす黒い血色。地面の下にすがたをかくしていた、いろいろなこけも地はだをそめはじめていました。それが、だんだんひろがっていって、しまいには、森じゅうに、やわらかな大きなじゅうたんをしきつめたようになるのです(童話『ムーミン谷の十一月(講談社)』)」

7月から9月にかけての間、フィンランドの森はおいしいベリーの宝庫となります。

まさにじゅうたんのように、森の地面は実をつけたベリーの低木でいっぱいになるのです。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook