もうひとつのムーミン谷 Season2 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第20回「生きている色」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2022/6/10

もうひとつのムーミン谷 Season2

第20回「生きている色」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷 Season2

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第20回「生きている色」

ずっと前からやってみたかったけれど、そのままになっていた小さな夢があった。フィンランドのさまざまな草花で、毛糸の草木染めをやってみること。編み物に夢中になって以来、自然と毛糸にもこだわるようになり、草木染めの毛糸と出合った。植物からもらった色には、何とも言えない、心をわしづかみにするような魅力があった。主張のつよい濃い色も、繊細な薄い色も、どれも色が生きていて、光の種類によって、見る者の目に映る色合いが変化する。だから「何色」と断定してカテゴライズするのが難しくて、あえて型に収まらない微妙なニュアンスを持つところが素敵だ。それはまるで、いろんな側面を持ち合わせている人間の性格のようだとも思う。それでもって、その色に名前をつけようとすると、その微妙さをうまく言葉で表現しようとして、想像力が搔き立てられる。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook