もうひとつのムーミン谷 Season2 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第22回「居心地の良い空間の内と外」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2022/7/8

もうひとつのムーミン谷 Season2

第22回「居心地の良い空間の内と外」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷 Season2

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第22回「居心地の良い空間の内と外」

朝の7時半になっても、月がこうこうと輝いている。ずいぶん日が短くなったもので、明るいうちに何かをしたければ、少しもおたおたしてはいられない。あっという間に、また日は沈んでしまうのだ。10月に降った初雪は、珍しいことにしばらく積もったままでいたけれど、それも今はすべて溶けて、白く反射する雪のない暗闇はますます暗く映る。すでに11月。根雪が積もる時期が、だんだん遅くなっているような気がする。

【「もうひとつのムーミン谷」の購読はファンクラブ有料コース会員限定です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読はファンクラブ有料コース会員限定です。

既に会員の方もログインが必要です。

既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook