サンスター文具さんにインタビュー(1)「レジェンド」に聞いたムーミングッズのこと|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2020/01/15

サンスター文具さんにインタビュー(1)「レジェンド」に聞いたムーミングッズのこと

プレミアムコース会員にお届けする新ノベルティは「ムーミンママのカードケース」。

カードケースの仕様についてなど詳しくはこちらからどうぞ

プレミアムコースへの登録にはファンクラブへの会員登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン

こちらのノベルティを開発いただいたサンスター文具さんにお伺いし、「レジェンド」と呼ばれる山本さんと、今回のノベルティを担当下さった特販営業部の長野さん、森口さんにお話をお伺いしました。

「レジェンド」と呼ばれる山本さんは御年65歳。営業から商品開発に至るまでサンスター文具さんを支えてこられた文字通りの「レジェンド」です。

サンスター文具さんは最初のテレビシリーズ放映から今日に至るまで、時代を超えてムーミングッズを作ってきた実績のある会社。

「どうしてムーミングッズを作り始めたのかな?」「どんなものを作ってきたのかな?」そして今回の新ノベルティにかける思いまでをお聞きしてきました。

かなり懐かしい商品も出てきますよ。

Q.サンスター文具さんはどんな会社ですか?

「レジェンド」山本さん(以下、「山本」と表記) 「サンスター『文具』」と社名に「文具」がついていますが、文具だけではなく、またキャラクター商品だけというのでもなくて企画とアイデアをもって挑戦している会社です。例えば今年発売から55周年になった「象が踏んでも壊れないアーム筆入」とか子供たちに大ブームを起こした「スパイ手帳」とかね。「持っているだけで、ワクワク、ドキドキする」楽しくて便利な商品を作っています。

山本さんが管理しているというサンスター文具さんの「伝説の」商品を飾ったウィンドー。

今年設立68年という歴史が詰まっています。

(上)「水に溶ける紙」「暗号」「スパイペン」など当時テレビCMを観てスパイにあこがれていた子供たちを熱狂させたスパイ手帳。他にも「ベルばら」や「ピンクレディー」「スーパーマリオ」など当時子供だった大人にはたまらない商品が。

(下)「象が踏んでも壊れないアーム筆入」を実際に象が踏んでいるところ。現在も販売されているロングセラーだそう。

山本 昔は文房具を買うなら「文房具店」。店の中は鉛筆、ノート、下敷とコーナーに分かれていてそれぞれに強いメーカーさんが売り場を持ってしまっていてね。新しく文房具を作っても普通に作ったのでは売り場争いに負けてしまう。そんな中で他社商品と差別化でき、ヒットしたものがムーミンなどテレビアニメキャラクターを使ったものだったわけです。

鉛筆の上の部分にこけしが付いているものを、文房具店ではなくて全国各地の温泉のお土産屋さんで売ったのだけど、これが「かわいい」とすごく売れたわけです。今でいうご当地だけのオリジナル品ですよ。

通常の鉛筆にマスコット的なこけしを付けたという、まさにサンスター文具さんの理念ともいえる「企画とアイデア」がウケたんですね。鉛筆にかわいいものが付いているという点では何となくキャラクターグッズのはしりともいえるような気もします。それがこのような楽しくなるアイデアとキャラクターを融合させたアイデア文具につながるのですね。

Q.ムーミン商品はいつから作られていますか。また、ムーミンの商品をつくることになったきっかけは何ですか?

山本 実は私も在籍していない時代からムーミンの商品は作っていたよ。今と違ってテレビが絶大な人気を持つ時代だからね。テレビアニメの商品を多く手掛ける中でムーミンも始めたんだと思う。アメリカアニメとはまた違って、ムーミンは北欧の雰囲気というかな、ファミリー的な雰囲気があってそれがまた商品とのなじみがよかった。

サンスター文具さんにあったサンプルの一番古いものはなんと1969年のもの。

ギターを持ったスナフキンが懐かしい方もいるのではないでしょうか。

おなじみの挿絵がデザインされた下敷も、独特の色合いがレトロ感を感じさせます。

山本 当初は低学年用に作られた商品が多かった。あと、当時は文具店での売り方もあって「下敷だけ」、「筆箱だけ」という作り方が主流だったね。でもその後、ファンシーグッズの全盛期がやってきて、売り場もキャラクターごとのコーナーを作るようになってきた。1つのデザインコンセプトが決まったら、売れ筋アイテムを商品化して売り場を作るという形だね。そのころアニメ「楽しいムーミン一家」の放映も始まって、中高生向けに商品もシフトしていったんだよ。

キャラクター商品のバラエティが富んできた時代。今見ても新しいデザインで欲しくなります。

山本 デザインも「スナフキンブーム」とか「ニョロニョロブーム」とかあったんだよ。あと、エコの観点からリサイクルペーパーや木材の端材を使った商品が流行ったこともあった。リサイクルペーパーの商品は他のキャラクターでも作っていたけど、ムーミンの世界観は特にマッチしていたなあ。

(上)「今見たらちょっと冒険だよね」(山本)というニョロニョロだけが大きくデザインされたグッズ。

(下)リサイクルエコペーパーを使用したナチュラルなデザインが大人っぽい。

営業の長野さん(以下敬称略) 全部木でできたすごい商品もあるんですよ。昨年は昔の商品のデザインを参考にして新しいシリーズに生かすという試みもしました。

全部が木で作られたすごい商品。ずっと取っておきたい宝箱のよう!

「レジェンド」山本さんのあまりの貴重なグッズとお話にファンクラブスタッフも惹き込まれます。

サンスター文具さんにインタビュー(2)新ノベルティ開発秘話も」に続きます。

ムーミン公式ファンクラブの新ノベルティ

ムーミンママのカードケース】

SIZE:縦98×横145㎜(取っ手含まず)

素材:PU・ポリエステル・スチール

原産国:中国

<非売品>

こちらのノベルティはムーミン公式ファンクラブのプレミアムコースに

  • 「2020年1月1日以降に新規登録された方」

  • 「2020年2月1日以降にプレミアムコースの更新となる方」

から順次プレゼントされます!

※新規登録された方のノベルティ発送はご登録月の翌月末からとなります。

プレミアムコースへの登録にはファンクラブへの会員登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook