もうひとつのムーミン谷 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第9回「『生きたきのこ』の森」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2020/09/11

もうひとつのムーミン谷

第9回「『生きたきのこ』の森」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第9回「『生きたきのこ』の森」

9月の森は、湿った生きものの香りがします。

夏の賑やかさは消えて、静まり返っている森。

そこは、動物でもない、厳密に言うと植物でもない、きのこと言う不思議な存在で満ちています。

足元に目をやると、落ちて積もった松の葉の下や、秋には似合わないくらい鮮やかなグリーンのコケの間から、まあるい頭がぽこぽこと出ているのに気がつきます。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook