もうひとつのムーミン谷 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第14回「小さなヘムルと編み物」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2020/11/27

もうひとつのムーミン谷

第14回「小さなヘムルと編み物」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第14回「小さなヘムルと編み物」

「『なにをあんでるの』スノークのおじょうさんが、やさしく声をかけました。

小さなヘムルは、びくっとして、心ぼそそうにつぶやきました。

『じぶんでもわからないの。でも、あみものしてると、いつも、気分がよくなるのよ』」(童話「ムーミン谷の夏まつり(講談社)」より)

ろうや番の小さなヘムルのように、気持ちを静めるのにも効果的な、編み物。

ムーミン・コミックスでは、ムーミンママがいたるシーンで、編み物をしてます。

小さなヘムルがしているのは1本の編み針を使うかぎ針編み、ムーミンママは2本の編み針で棒針編みをしている姿がよく見られます。

コミックス「ふしぎなごっこ遊び(筑摩書房)」では、ムーミンママと並んで、スノークの女の子が編み物をしていることも。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook