もうひとつのムーミン谷 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第16回「ムーミン谷と宝石」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2020/12/25

もうひとつのムーミン谷

第16回「ムーミン谷と宝石」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第16回「ムーミン谷と宝石」

「こりゃ、すげえや」ムーミントロールは、思わずさけびました。

やわらかい赤い光が、あたりをさっと照らしたと思うと、目の前に、ひょうの頭ほどもあるルビーが、横たわっていました――しずんでいくお日さまそっくりに、生きた火のようにかがやいて。(童話『たのしいムーミン一家(講談社)』)

泣いているムーミントロールをなぐさめようと、トフスランとビフスランがとっておきの宝物を見せたときのエピソードです。この「ルビーの王さま」を求めて、宝石集めが生きがいの飛行おにもまた、黒ひょうにまたがって、ムーミン谷へやってきます。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook