もうひとつのムーミン谷 Season2 ~フィンランド暮らしの日々から~ 第16回「時を刻む生き物たち」|ムーミン公式ファンクラブ WeLoveMOOMIN

2022/4/8

もうひとつのムーミン谷 Season2

第16回「時を刻む生き物たち」

ファンクラブ会員登録で購読できるメールマガジン『ムーミンファンクラブ便り』では、月1回フィンランドから、高橋絵里香さんのエッセイをお届けしています。

高橋さんのエッセイが読めるのはムーミン公式ファンクラブだけ。

2015年から始まったエッセイを、再録いたします。

***━━***━━***━━***━━***

もうひとつのムーミン谷 Season2

~フィンランド暮らしの日々から~

***━━***━━***━━***━━***

第16回「時を刻む生き物たち」

まだ眠っているのか、もう起きているのか、静まりかえった住宅街の朝。ようやく雪が解けても新芽はかたくなに閉じたままで、砂ぼこりに覆われたコンクリートの灰色の景色は、いっそう殺伐として見える。以前はこの時間なら、この辺りは通勤する人の車が出入りしたり、学生が乗った自転車が走っていたり、人の活動する音や動きがあった。今では、人の気配すらしなくて、街中が空っぽになってしまったかのようだ。本当は、空っぽではなくて、みんな家の中に潜んで変化が起こるのをじっと待っている。

【続きを読むには、ファンクラブ有料コースへの登録が必要です。】


◆高橋絵里香

1984年生まれ。北海道の中学を卒業後、単身でフィンランドに移り、2000年8月にロヴァニエミの高校に入学。4年間の留学を終え、2004年5月に同校を卒業。

現在はオウル大学にて、生物学を学んでいる。

著書には「青い光が見えたから」(講談社)、翻訳には「ムーミンキャラクター図鑑」(講談社)

高橋絵里香さんのブログはこちら >>


「もうひとつのムーミン谷」の購読にはファンクラブ有料コースへの登録が必要です。

既に会員の方もログインが必要です。

会員登録のご案内 既に会員の方はログイン
  • LINE
  • twitter
  • Facebook